img_01

重箱にこだわらないおせち料理の盛りつけ

おせち料理といえば一般的には重箱に詰めたものをイメージしますが、肝心なのは料理であって、器の重要性は時と場合によっては食器などに変わることもあります。

元旦に祝いの肴といわれる黒豆と数の子と田作りを食べれば、お正月気分は味わえ得ます。


口取りや酢の物、海の幸や山の幸を皿に盛り合わせることで、一人前にもバイキングのように各々が好みの量を小皿にとって食べることもできます。

おせち料理の盛りつけは食器の柄や形状も考慮に入れることで、お正月らしい食卓を演出することができます。
料理を食べる際には祝い箸を用意することでおめでたい雰囲気はさらに盛り上がります。

祝箸は通常の箸と違って両端が細く加工されています。


神人共食という年神様へのお供え物をみんなで分かち合って食べるという、神様への感謝の気持ちが込められています。



深くは考えないにしても、儀式的なアイテムの使用はお正月の楽しさの幅を広げてくれます。

お正月には地域によっていろいろな風習があり、過ごし方も楽しみ方も違いますが、お正月がめでたいという部分では共通しています。



最近ではおせち料理も様変わりしていろいろな献立を取り入れています。



多様性が食文化を豊かにし、より多くの人がおせち料理を楽しめるようになると、お正月はさらに楽しいものになります。

現在において昔と同じお正月の過ごし方は難しいかもしれませんが、伝統的なおせち料理の楽しみ方を受け継いでいくことで、お正月が特別な日であるということを考えることも大切です。